イグアインとたった”2点”しか変わらない 大暴れの小兵FWにナポリ会長「質の部分で私は彼を選ぶ」

最前線にフィット

最前線にフィット

ナポリを引っ張るメルテンス photo/Getty Images

昨夏FWゴンサロ・イグアインをユヴェントスに引き抜かれてしまったナポリだが、攻撃力が大幅に落ちたようには感じられない。今季セリエAでは57得点を奪っており、これはリーグトップの数字だ。そしてそれに大きく貢献しているのがMFドーリス・メルテンスだ。

メルテンスはサイドを本職とする選手だったが、イグアインの退団とアルカディウシュ・ミリクの負傷離脱を機に最前線で起用される機会が増えている。純粋なセンターフォワードではないものの、ここまでリーグ戦では16得点を記録。イグアインとも2点しか差がない。

伊『sky Sports Italia』によると、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長もメルテンスの活躍を喜んでいる。同会長は得点力ではイグアインの方が上だと認めながらも、メルテンスの方が扱いやすい選手だとコメントしている。

「量を見ればイグアインの方が上だ。彼はより多くの得点を決めるからね。だが質の部分で見ると、アシストや利他的なところから私はメルテンスを選ぶ。彼はイグアインよりずっと寛大だよ。彼はチームメイトのミスで不機嫌にならない。そうなるのは自分のミスだけなんだ」

イグアインはチームメイトのミスやパスを出さなかったことなどに激怒している姿も見かけるが、メルテンスがそうしたアクションを取るのはそれほど多くない。チームメイトもメルテンスの方が扱いやすいかもしれない。15日にはチャンピオンズリーグで昨季王者レアル・マドリードと対戦するが、メルテンスはここでも違いを作れるか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ