伊ダービーでの“不可解な笛”について説明するリッツォーリ主審「選手の要求に応じることはない」

正しいリスタートが行われていなかった

正しいリスタートが行われていなかった

リッツォーリ主審に猛抗議するインテルの選手たち photo/Getty Images

今季2度目のイタリアダービーを裁いたニコラ・リッツォーリ主審が、この試合で物議を醸している不可解な笛について説明している。

5日に行われたセリエA第23節で、王者ユヴェントスと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦。試合は、フアン・クアドラードのゴールでスコアを1-0としたユヴェントスが勝利を収めた。

だが、この試合ではユヴェントスのリスタートのシーンが問題視されている。ジョルジュ・キエッリーニがゴール前でパスミスし、ボールをカットしたマウロ・イカルディがチャンスを迎えた。だが、キエッリーニが何かをアピールすると、主審はなぜかやり直しを命じたのだ。

このときのことをリッツォーリ主審は伊TV番組『LE IENE』へ出演した際に「キエッリーニは足でボールをセットし、GKへパスした。ただ、私はボールがちゃんと止まっていないことに気づいた。ボールは必ず止めなければならない。正しいリスタートが行われていなかったんだよ」とコメント。そして「審判はそのような場合、プレイヤーの要求に応じ、笛を吹くことは決してない。絶対にあってはならないことだ」と述べ、キエッリーニのアピールに反応したわけではないと明かしている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ