ウクライナ史上最高のMFティモシュチュクが現役引退 同国年間最優秀選手賞を3度受賞

ハードワーカーがピッチと別れ

ハードワーカーがピッチと別れ

多くの名門を渡り歩いたティモシュチュク photo/Getty Images

長年にわたりウクライナ代表として活躍したアナトリー・ティモシュチュクが、現役からの引退を発表した。

現在37歳のティモシュチュクは1995年より在籍するウクライナのヴォリン・ルーツィクでキャリアをスタートさせ、2年後には名門シャフタール・ドネツクへステップアップを果たすと、同クラブで200試合以上に出場するなどし活躍。その後はロシアのゼニトやドイツのバイエルン・ミュンヘンといった強豪クラブを渡り歩き、多くのタイトル獲得に貢献していた。また、2000年より招集されたウクライナ代表では、スーパーエースのアンドリー・シェフチェンコと共にW杯などの国際舞台でチームを鼓舞。豊富な運動量と積極果敢な攻撃参加で攻守に絶大な影響をもたらし、チームの勝利に貢献してきた。

ウクライナ年間最優秀選手選手賞を3度にわたって獲得してきたティモシュチュク。ピッチ上で躍動した男の姿は永遠にファンの心に残り続けることだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ