原口の”スピード&ドリブル”はイングランドでも通用する! 英メディアがプレミアのとあるクラブに推薦

攻守の貢献度を評価

攻守の貢献度を評価

ドリブルとスピードが評価される原口 photo/Getty Images

リヴァプールのロベルト・フィルミーノ、マンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネ、トッテナムのソン・フンミンなど、現在のプレミアリーグではドイツのブンデスリーガからやってきた選手が数多く活躍している。どこかプレミアリーグ側が資金力にモノを言わせてブンデスリーガのタレントを引き抜いているといったイメージもあり、今のプレミアリーグにとってブンデス産のタレントは非常に重要だ。

そこで英『Squawka』は、現在ブンデスリーガでプレイしている選手の中からプレミアリーグのクラブに合うと思う選手を20名ピックアップしている。各クラブ1人ずつという形で選ばれているのだが、現在リーグ戦で17位と残留争いを強いられているスウォンジーにはヘルタ・ベルリンでプレイする日本代表FW原口元気がフィットするはずと紹介されている。

スウォンジーは昨年12月に今季3人目の指揮官としてポール・クレメントを招聘し、徐々に結果が出始めている。クレメントは残留争いをしているチームらしく守備を重視しており、サイドの選手にもアップダウンが求められる。加えて攻撃時にはサイドを突破する個の能力が欲しい。同メディアは原口について「原口は両サイドでプレイ可能で、良いドリブラーだ」と紹介しており、ヘルタで見せているパフォーマンスが高く評価されている。原口には守備にも走り、攻撃時には相手をかわすスピードとテクニックがある。これはヘルタ、日本代表でも証明済みで、プレミアリーグの激しい環境でも戦える選手と言えるだろう。

他に同メディアはゲームメイカーが足りないチェルシーにドルトムントのユリアン・ヴァイグル、運動量が求められるトッテナムにバイエルンのアルトゥーロ・ビダル、同じく走るサッカーをするリヴァプールにライプツィヒMFナビー・ケイタなどが合うはずと伝えている。こうした面々と一緒に原口が紹介されているあたりに、評価の高さが表れていると言える。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ