天才テニスプレイヤー、ナダル「いつかのレアルの会長になりたい、当然だ。でも今は……」

スペインの生んだ天才が語る

スペインの生んだ天才が語る

レアルを愛し続けるナダル photo/Getty Images

ピッチ上で何が起こるかを予測できないように、ピッチ外ではさらに大きなサプライズが待っているものだ。スペイン人テニスプレイヤーのラファエル・ナダルが、自身の抱く壮大な野望について語っている。

幾度のグランドスラム優勝を成し遂げ、先日は全豪オープンでロジャー・フェデラーと死闘を繰り広げたスペインテニス界のプリンス、ナダル。レアル・マドリードを盲信していることでも知られ、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウではこれまでに何度もその姿が目撃されている。そんな豪華なマドリディスタが大規模な夢について言及した。スペイン紙『MARCA』が英雄のコメントを伝えている。

「僕はいつの日かレアル・マドリードの会長になりたいんだ。当然だよ。未来に何が起こるかなんて誰にも分からないだろ。でも、今は素晴らしく偉大な会長がいるし、レアル・マドリードが僕を必要としてくれるとは思わないね」

過去にもハリウッド俳優のトム・クルーズやナタリー・ポートマンといったセレブリティーが、白い巨人の試合観戦に訪れてきたが、レアル会長職を望む人間はナダルが初めてかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ