イグアインの退団理由は「ナポリが強豪クラブじゃない」から? 会長がエース売却を説明

エースとの別れを回想

エースとの別れを回想

現在はユヴェントスでプレイするイグアイン photo/Getty Images

イタリアのナポリで会長を務めるアウレリオ・デ・ラウレンティス氏が、昨夏にユヴェントスへと売却したアルゼンチン代表ストライカーについて言及している。

ナポリとゴンサロ・イグアインの物語は2013年よりスタートした。天性の才能を持つゴールスコアラーはスペイン屈指の名門であるレアル・マドリードを旅立ち、ラウール・アルビオルやホセ・カジェホンらと共にナポリへ加入。その後、このアルゼンチン人FWがどのような仕事をこなしたかはデータを見れば一目瞭然だが、その突出した戦績ゆえに、破格の移籍金を残してユーヴェへとステップアップを果たした。ラウレンティス会長は、ナポリのクラブ史に残るであろう名手の売却を次のように説明している。伊『sky』が伝えた。

「ユヴェントスから契約解除条項を満たす金額のオファーが舞い込んできた後に、我々は何度もコンタクトを取ったんだが、イグアインサイドから『今のナポリは強豪クラブではない』と言われた。きっとイグアイン本人はメガクラブへの移籍願望というよりも、ナポリが新たなスター選手とサインできるのかどうかに関心があったのだろう。最終的にイグアインは我々が提示した年俸額よりも安い金額でユヴェントスへ移籍したんだ」

現在はパウロ・ディバラやミラレム・ピャニッチ、そしてクアドラードらと共に、“スター軍団”の一員として奮闘するイグアイン。ナポリにとっては悲しき別れだったに違いないが、同時に決してノーマルとはいえない破格の金額を手にしたこともまた事実だ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ