アザール「2015年よりよくなっている」 圧倒的な強さを誇ったあのときと自身を比較

さらにゴール量産宣言

さらにゴール量産宣言

背番号10MFエデン・アザール photo/Getty Images

2シーズン前、チェルシーはジョゼ・モウリーニョ政権の下、圧倒的な強さでプレミアリーグを制した。そんなチーム牽引していたのが、プレミアリーグの年間最優秀賞を獲得した、MFエデン・アザールだ。しかし彼は、アーセナル戦にリベンジを果たした後、おもしろいこと語っていた。このことについて英『INDEPENDENT』が報じている。

「チームはとてもよくなっている、僕だけではなくてね。知っての通り、2年前の僕は本当によかった。でも今シーズンはもっとゴールを決められると思っているよ。2年前は14ゴールだったが、今シーズンはすでに10ゴール決めている。それにまだ試合はたくさんあるからね」

今シーズンのチェルシーは、2シーズン前とはまた一味違う強さを見せている。アントニオ・コンテ新監督の下、現在24節を終え、勝ち点59で2位と9ポイント差の首位だ。2シーズン前、3節以降一度も首位を明け渡すことなく優勝したが、同じ24節終了時点では、勝ち点56で2位マンチェスター・シティに7ポイント差をつけていた。あのときより、確かにポイントも稼いでいるチェルシー。ほぼ独走状態のまま、2シーズンぶりのプレミアリーグ制覇に向け、走りきることができるのか。そしてアザールは、より強くなったこと証明し、自身も再度最優秀選手の栄冠を勝ち取ることができるのか、ますます目が離せない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ