カンナバーロ監督の欧州デビューはまだ? 「ほんの数試合でキャリアを台無しにしたくない」

同胞監督にはエールも

同胞監督にはエールも

カテナチオの象徴でもあるカンナバーロ photo/Getty Images

中国の天津権健を指揮するイタリア人ファビオ・カンナバーロが、自身の監督としてのキャリアについて語っている。

現在43歳の元イタリア代表DFはこれまでにインテルやユヴェントス、そしてレアル・マドリードといった名門クラブを渡り歩き、UAEのアル・アハリを最後に現役を引退。その後に指導者としてのキャリアをスタートさせると広州恒大やアル・ナスルといったチームを指揮し、現在の天津権健監督に至っている。ヨーロッパトップリーグのクラブではなく、中国や中東で指揮を執り続ける理由について、カンナバーロは次のように説明した。伊『Mediaset』が伝えている。

「早くからイタリアのクラブを指揮し、ほんの数試合で自分の監督としてのキャリアを台無しにするような間違いを犯したくない。然るべき経験を積みたいんだよ。おそらくヨーロッパのクラブを指揮できるようになるには、まだしばらくかかると思うね」

一方で同監督は、同胞ヴィンチェンツォ・モンテッラにはエールを送っている。

「彼がイタリア人の若手を重視している姿勢は好きだよ。今後の期待も高まるし、また昔のようなミランに戻るだろう。きっと正しい手順を踏んでいるはずだ」
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ