伊代表FWザザ、初の海外挑戦が不発に終わった原因とは!? 「99%僕のせいだけど……」

イングランドの悔しさをスペインで晴らせるか!?

イングランドの悔しさをスペインで晴らせるか!?

プレミアリーグで結果を残せなかったザザ photo/Getty Images

昨夏にユヴェントスからウェストハムへレンタル移籍したイタリア代表FWシモーネ・ザザだが、自身初の海外挑戦はあえなく不発に終わった。そして今冬、その悔しさを晴らすべく選んだ地がスペイン。再びレンタル移籍する決断を自らに下したザザは、バレンシアへ加入することとなった。

そんなザザが伊『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、今季前半戦を振り返った。まず「海外で新たな冒険をしようと決断したとき、僕の獲得を最も望んでくれたクラブのひとつがウェストハムだった」と述べ、ウェストハムへの移籍理由を明かしている。

そして「でも、すぐに環境や文化、トレーニング、食事など、多くの面で素晴らしく感じることができなかったんだ。別に僕は被害者ではないよ。だって、移籍したとしてもサッカー選手であることは変わらないし、多くの収入を得られていたからね。失敗の原因を説明するとなると、いくつかの理由がある。ただ、私は誰も責めることはできない。なぜなら、ただ単に僕が適応することができなかっただけだからね。99%僕のせいだよ」と自身初の海外挑戦が失敗に終わった原因についても語った。

はたして、ザザは新天地バレンシアで結果を残すことができるのか。そして、不振に陥っているチームを自らのゴールで勝利へと導き、リーグ戦の順位を少しでも押し上げることができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ