吉田麻也のスピードは”チームNO.2″! まさかのベジェリン、マネ、ウィリアン超えの数字記録

足こそ堅守の理由

足こそ堅守の理由

吉田は高速DFなのか photo/Getty Images

リヴァプールのサディオ・マネ、トッテナムのカイル・ウォーカー、アーセナルのエクトル・ベジェリンなど、プレミアリーグには世界を代表するスピードスターが揃っている。そこで英『Daily Mirror』は、今季プレミアリーグで最も速い記録を残している選手は誰かを調査。その結果がなかなかに興味深いものになっている。

最も速かったのは、サウサンプトンFWシェーン・ロングで35・31kmとなっている。これにはエヴァートンFWロメル・ルカク(35km)、レスター・シティFWジェイミー・バーディ(35・1km)も敵わない。

しかし、興味深いのはサウサンプトン所属の日本代表DF吉田麻也が記録した数字だ。同メディアは各チームごとに上位5選手を紹介しているのだが、サウサンプトンでロングに次いで速いのは吉田となっている。そのスピードは34・78kmで、何とこれはアーセナルで最速となっているテオ・ウォルコットと同じ数字だ。ベジェリンも34・77kmとなっており、吉田はプレミアを代表するスピードスターと遜色ない速さを記録していることになる。

他にもリヴァプールのマネが34・75km、ミランに移籍したことで話題になった元エヴァートンのジェラール・デウロフェウが34・57km、チェルシーのウィリアンが34・51kmを記録。こうした選手たちが吉田よりも遅いという結果になった。今季吉田のパフォーマンスは高く評価されているが、それはプレミアのアタッカーにも負けないスピードがあるからなのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ