吉田に迫る新たなチャレンジ ファン・ダイク離脱したCBにサポーターは「見ていられない」と不安

自身が最終ラインを束ねる存在となるか

自身が最終ラインを束ねる存在となるか

今季評価を高める吉田 photo/Getty Images

今季深刻な得点力不足に陥っているサウサンプトンは、1月31日にナポリからFWマノロ・ガッビアディーニを獲得した。ひとまずは攻撃的な選手を加えることができ、得点部分での改善に期待が持てる。しかし、サポーターはそれ以上にセンターバックを不安視している。

サウサンプトンはジョゼ・フォンテがウェストハムに去ったが、当初はフォンテが抜けても大丈夫だと言われていた。ただし、それはフィルジル・ファン・ダイクがいるからこそ成り立つ話だ。ファン・ダイクは現在負傷離脱しており、3か月程度かかるとも言われている。今のところサウサンプトンに残された選択肢はジャック・スティーブンス、フローリン・ガルドーシュ、そして日本代表の吉田麻也の3名ということになる。

英『HITC』によると、サポーターの中にはこの3名で後半戦を戦っていくことに不安を感じている者も多い。ファン・ダイクと吉田のペアは高い評価を受けていたが、吉田とスティーブンス、あるいはガルドーシュとなってくると少々厳しい。

サポーターからは「見ていられない。スティーブンス、吉田、ガルドーシュしかオプションがない」、「もしファン・ダイクが3か月離脱するなら、トラブルになる。ヨシ、スティーブンス、ガルドーシュでは不十分だ。フォンテの代わりを獲らなかったのは問題だ」といった意見が出ている。

また、サウサンプトンは4日にウェストハムと対戦することになっており、長身FWアンディ・キャロルをファン・ダイク抜きで抑えられるかといった不安の声もある。さらにリーグカップ決勝ではマンチェスター・ユナイテッド戦も控えており、こちらもファン・ダイク抜きは少々厳しいようにも思える。

吉田にとっては自身が最終ラインを束ねるリーダーにふさわしい存在であることをアピールするチャンスとも言えるが、ディフェンスリーダーとして評価を高めることができるのか。吉田にとっては新たなチャレンジになると言えそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ