柴崎のクオリティに文句なし! クラブSDは「全ての攻撃的ポジションでプレイできる」と太鼓判

必要なのは得点能力か

必要なのは得点能力か

テネリフェに移籍した柴崎 photo/Getty Images

先日スペイン2部のテネリフェへの移籍が発表されたMF柴崎岳は、何と言っても12月に日本で開催されたクラブワールドカップでのインパクトが強い。柴崎は決勝戦でレアル・マドリード相手に2得点を決め、欧州王者を少しばかり焦らせた。あの試合だけを
見ればワールドクラスのプレイをする選手と表現することもでき、スペインでの評価も高い。

スペイン『Mundo Deportivo』によると、クラブのセラーノSDは柴崎について「誰も彼のクオリティには言うことがない。汎用性があり、ストライカーを除く全ての攻撃的なポジションでプレイできる」と紹介。アタッカーとして高く評価されているようだ。同メディアも柴崎をクリエイティブな選手と紹介しており、もちろんレアル相手に2ゴールを決めたことも伝えている。またセビージャでプレイしていた清武弘嗣がスペイン語への適応に苦労したこともあり、柴崎にも言語の問題が指摘されている。しかし柴崎は少しスペイン語を話せると明かしており、これも期待が高まる一因となっている。

そんな柴崎に求められているのは、恐らく攻撃の組み立てだけではないだろう。レアル戦で衝撃の2ゴールを決めたこともあり、得点を奪えるMFとの印象が出来上がっている。日本ではガンバ大阪MF遠藤保仁の後継者的存在としてゲームメイカーのイメージがあるものの、テネリフェを1部へ昇格させるためには組み立てからフィニッシュまでを全てこなす必要がある。日本ではパスを得意とする選手とされているが、柴崎自身のステップアップのため、そしてテネリフェの昇格のために得点を奪えるMFになれるか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ