南米らしい抜け目のなさ 相手GKの隙突いたダビド・ルイス「時にはサプライズが必要だと思う」

ミニョレの見ていない間にフリーキックからゴール

ミニョレの見ていない間にフリーキックからゴール

得点を喜ぶダビド・ルイス photo/Getty Images

31日に行われたリヴァプールとチェルシーの一戦は、ホームのリヴァプールが終始ボールを支配する展開だった。それほどビッグチャンスが多かったわけではないが、前半からリヴァプールが攻勢に出ていた。

ところが、チェルシーDFダビド・ルイスの放ったフリーキックで状況は一変してしまった。ダビド・ルイスはリヴァプールGKシモン・ミニョレがボールの方を見ていないことを確認すると、隙を突いてシュート。ミニョレが気付いた時にはすでに遅く、ボールはゴールの左隅に突き刺さった。

ダビド・ルイスのキックが素晴らしかったのは事実だが、相手GKの隙を突くあたりは本当に抜け目がない。英『FourFourTwo』によると、ダビド・ルイスもこのところフリーキックがあまり練習できていなかったと振り返っており、技術というよりは相手GKの動きをよく見ていたことがゴールに繋がったようだ。

「時にはサプライズが必要だと思うんだ。僕はフリーキッカーとしてベストな状態ではなかった。膝がそれほどよくなくて、フリーキックのトレーニングをあまりしていなかったからね」

ダビド・ルイスは以前からフリーキックを得意としていた選手だが、今回は相手の動きをよくチェックしていたことが大きかった。ダビド・ルイスは試合の流れを読むことも必要と語っており、あのシーンがそれを象徴していると言える。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ