ロナウドへのブーイングをやめろ! カシージャス「欧州&世界王者になったのに不満があるのか?」

過度な要求に違和感?

過度な要求に違和感?

かつてレアルで活躍したカシージャス photo/Getty Images

レアル・マドリードで長きにわたって活躍したスペイン代表GKイケル・カシージャスが、クリスティアーノ・ロナウドへ野次を送る同クラブの一部サポーターに苦言を呈している。

白い巨人の主力として700試合以上に出場し、多くの超人的なプレイで喝采を浴びたレジェンドだが、彼もまた非情なブーイングに悩まされた選手のひとりだ。現在はポルトで守護神を務めるカシージャスが、ここ数試合におけるマドリディスタによる野次を非難した。スペイン『Onda Cero』が伝えている。

「クリスティアーノはとても多くのことを要求されるプレイヤーで、それは加入直後からそうだった。今ではそれがさらにエスカレートしているね。どうしてたった1人の選手にそこまで過度な要求をするのか、僕はマドリディスタとしてそれを理解できない。レアルは去年、欧州王者と世界王者に輝いた。なんの不満があるんだ?」

カシージャスは自身の経験を踏まえ、クラブにロナウドを守るよう訴えている。

「僕はスタンドにいたとあるサポーターのグループに暴言を吐いてしまったことがある。そしてそれをものすごく後悔しているんだ。もうそのようなことが起きないように、ロナウドはクラブによって守られなければならない。もちろんサンティアゴ・ベルナベウを知り尽くしている彼なら心配は要らないけどね」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ