ボヌッチ、ペップに“No”と言っていた「世界最高の監督からの誘いを断るのは簡単じゃなかった」

今はユーヴェで幸せと語る

今はユーヴェで幸せと語る

近年急成長を遂げるボヌッチ photo/Getty Images

セリエAの名門ユヴェントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、昨夏のマーケットを振り返っている。どうやらこの優秀なCBには魅力的なオファーが届いていたようだ。

ジョルジュ・キエッリーニやアンドレア・バルザーリと共にイタリアで最も堅い要塞を築くボヌッチ。卓越した守備センスだけでなく、最終ラインからの正確なロングフィードにも定評がある同選手は、昨夏にイングランドのマンチェスター・シティを含む多くのメガクラブへの移籍が噂されたものの、最終的に残留。ボヌッチ自身もこの決断は「簡単なものではなかった」と振り返っている。伊『Corriere dello sport』が伝えた。

「バルセロナとマンチェスター・シティからの誘いを断るなんて決してラクなことじゃない。世界一の監督が僕を誘ってくれたんだ。それらを拒否するなんて普通じゃない」

ボヌッチはユーヴェでのタイトル獲得を最優先に考えている。

「しっかりと熟考して決めた。世界最高のペップ・グアルディオラからリスペクトに満ちたオファーが届いたんだからね。でも僕は今ユヴェントスでハッピーなんだ。セリエAでも優勝して欧州のトップに立ちたい。それが望みさ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ