公式戦デビューにも気を引き締めるマンUの新星「リザーブチームに戻っても努力し続ける」

60分にピッチへ登場

60分にピッチへ登場

今後に期待が集まるトゥアンゼベ photo/Getty Images

イングランドのマンチェスター・ユナイテッドに所属する19歳のアクセル・トゥアンゼベが、遂に叶った公式戦デビューを振り返っている。

29日にFA杯4回戦ウィガン戦に臨んだユナイテッドは華麗な攻撃を披露し、マルアン・フェライニやヘンリク・ムヒタリアンらの得点で4-0と圧勝。しかしながらファンにとって最も喜ばしい事実は、新たなダイヤモンドの船出だろう。60分にジョゼ・モウリーニョから出場の許可を得たトゥアンゼベが、記念すべきデビュー戦を次のように回想した。同クラブ公式サイトが伝えている。

「信じられないよ。僕が幼い頃からずっと思い続けていた夢がリアルになった。昇天してしまったね。今もまだ体が震えているよ。実感が湧かないけど、僕だけじゃなく、家族にとっても最高の瞬間だった。すごく誇りに思う」

さらにこの謙虚なDFは今後も努力を続けることを誓った。

「これからはまた練習場でポジション奪取に向けたアピールが始まる。たとえリザーブチームに戻ってもそこで必死に戦うよ。向上心を持ち続けることが大切だ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ