“奪い愛”のイカルディにマラドーナ「友人夫妻と食事し、その妻を奪い結婚するなど普通マネできない」

裏切り者を口撃

裏切り者を口撃

サッカー界の重鎮マラドーナ photo/Getty Images

彼にマウロ・イカルディを許すつもりなど毛頭ない。多くの素晴らしいゴールと、“1人の女性”を奪ったアルゼンチン代表ストライカーに対し、ディエゴ・マラドーナ氏が憤慨している。

サッカー界で最も略奪愛に厳しい人物こそ、かつてバルセロナやナポリで活躍したアルゼンチンのレジェンドで間違いない。彼は、元チームメイトである同胞マキシ・ロペスから美人妻ワンダ・ナラさんを奪い、自らの伴侶としたイカルディへ、相も変わらずその怒りをぶちまけている。伊『Tuttonapoli』がマラドーナ氏のコメントを伝えた。

「おそらくマウロ・イカルディは素晴らしいフットボーラーになるだろう。それは間違いない。しかし、彼以上にガブリエル・バティストゥータには10倍の価値があるよ。イカルディはとんでもない裏切り者さ。親友の夫婦と食事に行き、その友人の妻を奪い結婚するなんて普通の人間にはマネできない。彼は今後の人生において、マキシ・ロペスへ犯した罪を償っていく必要があるね」

かつてフィオレンティーナやローマなどで活躍した伝説的なゴールスコアラー、バティストゥータを引き合いに出し、イカルディは彼の“10分の1”だと表現した同氏。今後、友人の妻を略奪しようと考えているフットボーラーがいるとすれば、今すぐに再考すべきだ。さもないと、マラドーナ氏はどこまでもその人間を追いかけることだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ