槙野の“メール内容暴露”をドイツ紙も報じる「元同僚がポドルスキの思惑をバラした」

日本行きは近いとも綴る

日本行きは近いとも綴る

ガラタサライからの移籍が濃厚となっている photo/Getty Images

彼は喋りすぎたのかもしれない。日本の浦和レッズでプレイする槙野智章による“メール暴露”について、独紙が言及している。

事の発端は、かつてケルン在籍時代にルーカス・ポドルスキと「じゃれ合っていた」と語る日本代表DFによるメール内容の流出だ。現在、ガラタサライからヴィッセル神戸への移籍が間近に迫っているポドルスキは日本という国を知るべく、かつての同僚に「神戸はどんな街だ?」「たぶん、神戸に行く」などといったメールを送信。多くの日本人を興奮させるであろうその文面を公に明かした槙野について、独紙『sport1』は「元同僚がポドルスキの思惑をバラす」と題し、次のように綴っている。

「ルーカス・ポドルスキの移籍がおそらくは秒読み段階となっている。そんな中、このドイツ人プレイヤーはかつてのチームメイトから新たなホームについての情報を得ていたようだ。ガラタサライからヴィッセル神戸への移籍は合意寸前の状況にある。彼の元同僚である槙野智章は日本の新聞に対し、ポドルスキから日本についてすでに質問を受けたことを明かしたのだ」

かつてバイエルン・ミュンヘンやドイツ代表でも活躍したポドルスキ。彼の日本上陸はもうすぐにでも実現する可能性が高い。今後はより慎重に“メル友”を選ぶ必要がありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ