ライバルクラブの人間だけど残留求む レヴァンドフスキがオバメヤンに「残留した方が良い」

ブンデス全体のレベルを考慮

ブンデス全体のレベルを考慮

去就注目されるオバメヤン photo/Getty Images

ドルトムントでゴールを量産しているFWピエール・エメリク・オバメヤンには、これまで何度もレアル・マドリードからの関心が伝えられてきた。オバメヤン本人もレアルを好んでおり、移籍は時間の問題とも考えられている。

しかしオバメヤンの移籍に待ったをかけているのが、ライバルクラブのバイエルンに所属するFWロベルト・レヴァンドフスキだ。先日レヴァンドフスキはレアルやバルセロナに向かうことがステップアップになるとは思わないとコメントしていたが、オバメヤンにもドルトムントに留まってほしいと考えているようだ。

独『Sport Bild』によると、レヴァンドフスキはオバメヤンについて「彼がどう考えているのか、ドルトムントがどういう決断をするのか、僕は正確に理解しているわけではない。クラブが彼を残したいのか、それとも多額のお金かね。だけど、ブンデスリーガにとっては彼が残留した方が良いことになるだろうね」とコメント。ライバルでありながら残留を願っているようだ。

ドルトムントといえばこれまでも若くて優秀な選手を何人も育ててきたが、その多くは数年後にビッグクラブに引き抜かれている。レヴァンドフスキもドルトムントで成長し、バイエルンに向かった選手だが、ブンデスリーガのレベルを維持するためにはオバメヤンのようなタレントは国内に残したいところ。果たしてオバメヤンはどういった判断を下すのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ