リヴァプール愛を爆発させるコウチーニョ「中国にも興味ないし、たとえバルサでも……」

「ここで幸せ」と語る

「ここで幸せ」と語る

リヴァプールで突出した存在感放つコウチーニョ photo/Getty Images

彼の目にはリヴァプールしか映っていない。25日にクラブとの契約を2022年まで延長したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、クラブへの忠誠を誓っている。

週給15万ポンドとされる破格年俸を受け取ることとなったヴァスコ・ダ・ガマ出身の天才MFはここ数年間、多くのメガクラブから熱視線を浴びる存在となっていたものの、やはり愛するクラブはリヴァプールだけだという。英『Daily Mail』が、“レッズは唯一無二”と語るコウチーニョのコメントを伝えている。

「僕は今後もこのクラブで戦い続けたい。中国移籍にも興味は無いし、僕のハートは常にこのチームにある。他のクラブへ移籍することはまったく考慮していないよ。クラブのオーナーや監督、そして同僚。他のビッグクラブへ行ってもこの素晴らしい環境を手にすることはできない。たとえバルセロナだとしてもね」

ブラジル人アタッカーはリヴァプールでの居心地の良さを気に入っているようだ。

「最高の場所さ。僕がここへ来た時も家族のように色々と助けてくれたしね。おかげでサッカーに専念することができた。僕だけでなく、家族もここでハッピーさ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ