コウチーニョと契約延長しても安心するな 「99%の選手はバルサとレアルに行きたがってるから」

クラブOBは危機感

クラブOBは危機感

契約延長したコウチーニョ photo/Getty Images

彼はいつの日かバルセロナでプレイするとも言われていたリヴァプールMFフィリペ・コウチーニョは、25日にリヴァプールとの契約延長に合意した。バイアウト条項はなく、5年間の契約延長と見られている。リヴァプールサポーターとしてはエースの流出を防ぐことができたとホッとしたところもあるだろう。しかし、クラブOBのジェイミー・キャラガー氏はそんな甘い話ではないと考えている。

これまでリヴァプールはフェルナンド・トーレスやルイス・スアレス、ラヒーム・スターリングらキープレイヤーを次々に奪われてきた。英『METRO』によるとキャラガー氏はコウチーニョも油断はできないと考えているようで、バルセロナやレアル・マドリードといったメガクラブが本気で獲得に動けば守り通せないケースもあるとコメントしている。

「もしバルセロナやレアルが選手の獲得に動き、望むだけのものを支払えば選手たちは行くだろう。なぜなら99%の選手は両クラブでプレイしたいと思っているからね。もし彼らがリヴァプールにとって驚くべきものを提示すれば、選手にありがとうと言うしかない。我々がスアレスにしたようにね」

バルセロナにはブラジル代表でチームメイトのネイマールも所属しており、コウチーニョを何度かバルセロナに誘っている。これまでもバルセロナとレアルはプレミアリーグのクラブから優秀な選手を引き抜いているが、コウチーニョにもメガオファーを提示してくるのか。本気を出してくれば守るのは難しいかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ