仏復帰が決まった“パトリスおじさん”、年齢をとやかく言う人へ「仕事ができないなら戻ってこない」

歴史あるマルセイユの輝きを取り戻したい

歴史あるマルセイユの輝きを取り戻したい

マルセイユへの移籍が発表されたエヴラ photo/Getty Images

25日にフランス代表DFパトリス・エヴラがユヴェントスから日本代表DF酒井宏樹が所属するオリンピック・マルセイユへ移籍することが発表された。モナコを退団した2006年1月以来、11年ぶりにリーグ・アンへ復帰を果たすこととなる。

そんな中、発表翌日の26日に入団会見へ臨んだエヴラが移籍理由を明かした。伊『TUTTOSPORT』や伊『Gazzetta dello Sport』など複数メディアがコメントを伝えている。

「人生には驚きが付き物だけど、僕の計画の中にフランス復帰はなかった。ただ、移籍を決断するのに24時間しか掛からなかったよ。僕は歴史あるクラブが好きで、マルセイユはフランスで唯一UCLを制覇した経験を持つクラブだからね。クラブのエンブレムの輝きを取り戻したい」

さらに、新天地マルセイユでの意気込みも語っている。

「マルセイユの新たなプロジェクトに参加できることはとても光栄。このクラブはUCLに出場しなければならないチームだ。僕たちはその目標に向かってプレイしていくことになるだろう。僕はチームにいる若い選手たちを助けるため、そしてポジション争いで苦しめるためにここへ来た。仕事ができないならパトリスおじさんはフランスへ戻ってこないよ。年齢をとやかく言う人がいるかもしれないけど、ピッチでやれることを証明してみせるね」

27日に第22節モンペリエ戦を控えているマルセイユ。この試合に「出られる準備はできている」とエヴラは語ったが、はたして早くもマルセイユデビューを果たすこととなるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ