三冠の野望が潰えたジズー・レアル 指揮官は全力を尽くした選手たちを擁護「素晴らしい試合をした」

「残された二つのタイトルを狙う」

「残された二つのタイトルを狙う」

就任以後最大の試練に直面しているジダン監督 photo/Getty Images

25日にスペイン国王杯準々決勝セカンドレグが行われ、レアル・マドリードが敵地でセルタに2-2で引き分けた。同試合の結果を受け、2戦合計スコア3-4で同クラブがセルタを下回り、同大会敗退が決定している。

同クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督はクラブ公式ホームページのコメントで、リーグ戦とUEFAチャンピオンズリーグのタイトル獲得に向け、必死に前を向いた。

「我々は素晴らしい試合をしたと思う。選手たちはよく頑張っていた。ただ、敗退が決まってしまい私は落ち込んでいる。今後は残された二つのタイトルを獲得するために戦わないとね」

公式戦連続無敗記録のストップや負傷者の続出など、ジダン監督就任以後最大の試練に直面しているレアル・マドリード。選手たちの奮起もさることながら、同監督の今後の人選や采配もより重要性を増してくるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ