今最も恐ろしい黄金コンビ!? ヘディングゴール数、アシスト数でクロースとS・ラモスがNo.1に

レアルの必殺技に

レアルの必殺技に

空中戦支配するラモスとクロース photo/Getty Images

インサイドハーフの選手とセンターバックの選手がゴールを生み出す黄金コンビというのも珍しい話だが、今季のレアル・マドリードではMFトニ・クロースとDFセルヒオ・ラモスのコンビが冴え渡っている。セットプレイ時のクロースからラモスへのボールは相手チームを震え上がらせており、警戒していても抑えられないレベルになりつつある。

スペイン『MARCA』の紹介したデータを見ても、レアルのセットプレイの強さがよく分かる。今季レアルはセットプレイから合計13の得点を挙げているが、これは欧州五大リーグではトップの数字だ。また、セットプレイからのアシスト数ではクロースがローマのミラレム・ピアニッチやウェストハムのディミトリ・パイェらに2本差をつけて7アシストでトップだ。そして今季最もヘディングでのゴールが多い選手も、ウェストハムのマイケル・アントニオと並んでラモスが6本でトップだ。

これを見てもいかにクロースとラモスのコンビが怖いかが分かってくるはずで、今のレアルにとっては重要な得点パターンになっている。またセットプレイに限らず、ヘディングでのゴールが最も多いのもレアルで20ゴールとなっている。2位はオリヴィエ・ジルーが奮闘しているアーセナルで14ゴールとなっているが、それでも6点の差がある。レアルは決してパワーや高さを前面に押し出したチームではないが、今季は地上戦より空中戦の方が怖いチームとも言える。

今後チャンピオンズリーグ決勝トーナメントなど接戦となった試合では、セットプレイで勝敗が決まることもあるだろう。レアルもピンチになればパワープレイを仕掛けてくるはずで、その時はクロースとラモスのコンビはもちろん、レアルの空中戦には最大限の注意を払う必要がありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ