吉田麻也vsラノッキアのポジション争い勃発か!? サウサンプトンが伊代表CB獲得狙う

約7億円が必要?

約7億円が必要?

好調をキープする吉田 photo/Getty Images

DFリーダーを失ったイングランドのサウサンプトンが、インテルでプレイするイタリア代表CBの獲得に動くという。

先日、ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテのウェストハムへの放出が決まったサウサンプトンが、その後釜として狙うはインテルで継続した出場機会を与えられていない28歳のアンドレア・ラノッキアだ。伊『Mediaset』が報じている。今季5試合出場にとどまる同選手に対してはサウサンプトンの他にもハル・シティやトッテナム、そしてスウォンジーといったイングランドのクラブが関心を示しており、争奪戦の行方は多くの注目を集めることになるだろう。また同メディアによれば、ラノッキアとの契約を実現させるには移籍金としておよそ7億円を要するとされており、今冬での決着が期待される。

現在サウサンプトンでは日本代表DF吉田麻也とオランダ代表DFファン・ダイクによるコンビが好調を維持しており、ラノッキア加入となれば、ハイレベルなポジション争いが繰り広げられることになりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ