マンUで幸せだと語るデ・ヘア「とても気分良くプレイできている」

退団希望も今は昔?

退団希望も今は昔?

ユナイテッドの守護神デ・ヘア photo/Getty Images

長らくレアル・マドリードの熱視線を浴び続けてきたマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが、同クラブでの充実した日々について言及している。

ここ数年において突出したパフォーマンスを披露し、いまやプレミアリーグ屈指の名手にまで成長した26歳のスペイン代表は2015年の夏、ほぼレアル・マドリード移籍が合意に達していたものの、書類上の不備により、最終的に破断。以降もレアルは同選手とのサインを水面下で画策中だとされているが、デ・ヘア本人はユナイテッドでの生活に満足しているようだ。『MUTV』が同選手のコメントを伝えた。

「僕はピッチの上でとても気分良くプレイすることができてるよ。マンチェスター・ユナイテッドとスペイン代表のためにサッカーができることは最高に幸せなことだし、気持ちがさらに高ぶるんだ。もちろんシーズンが終わるまで今のコンディションをキープするつもりだよ」

さらにデ・ヘアはユナイテッドが勝利し続けるためにボールの保有率を高める必要があるとも話している。

「守備の状態は良好だけど、もう少しボールを支配する時間を長くしたいね。これが今後の鍵を握ると思うよ。ポゼッションを高められれば、相手のチャンスも少なくできるし、失点も減るはずだ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ