カッサーノ、サンプドリアと契約解除へ クラブ弁護士「双方にとってベストな解決策」

「悲しい結末」へ

「悲しい結末」へ

素晴らしい才能があることは間違いないが…… photo/Getty Images

元イタリア代表のファンタジスタ、アントニオ・カッサーノが所属するサンプドリアとの契約を解除することになったようだ。

イタリアのバーリでプロとしてのキャリアをスタートさせ、ローマやレアル・マドリード、そしてミランといった名門クラブを渡り歩いてきたベテランストライカーは、2015年にサンプドリアへ加入。イタリアでの復活を望むファンも多かったが、昨年5月にクラブ役員と激しく口論し、以降は試合への出場を認められていなかった。

伊『Gazzetta dello sport』は24日、サンプドリア会長の弁護士を務めるアントニオ・ロメイ氏のコメントを伝えている。

「とても悲しい結末となってしまったね。カッサーノのサンプドリア復帰は、異なるシナリオを望まれていたが、最終的には退団という決断が双方にとってベストな解決策となったよ。クラブ側とカッサーノの立場は異なるものだが、両者の主張はいずれも間違ったものではない」

カッサーノといえば、これまでにもファビオ・カペッロを始めとする多くの指揮官といざこざを起こしており、“問題児”とのレッテルを貼られてきた選手だ。当然ながらその才能に疑いの余地はないが、まずはそれを証明するための場所を探さなくてはならないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ