[移籍]“Newロナウド”はマンUではなくPSGへ加入! 20歳のポルトガル代表が36億円で渡仏

華麗なるステップアップへ

華麗なるステップアップへ

急成長を遂げるゲデス photo/Getty Images

フランス屈指の名門パリ・サンジェルマンが25日、ベンフィカからポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデスを獲得することで合意したと発表した。一部メディアによれば、その移籍金は約36億円にも上り、3年半の契約を締結したという。

スーパーエージェント、ジョルジュ・メンデス氏によるマネージメントを受ける“第2のクリスティアーノ・ロナウド”、ゲデスは弱冠20歳の技巧派ドリブラーで、かねてよりイングランドのマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が有力視されていたものの、最終的にフランス行きが決定。オイルマネーによって勢いづくPSGが赤い悪魔を出し抜く格好となり、改めて市場における存在価値を高めている。

2005年よりベンフィカ一筋のキャリアを歩んできたゲデスは今季16試合に出場し、その内14試合で先発を任されるなど大きな信頼を寄せられていた。今後の同選手の奮闘に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ