元審判員コッリーナ氏が日本での試合を“キャリアのベスト”に選出「心に残り、絶対に消えない」

「世界中に旅することができた」

「世界中に旅することができた」

その存在感は絶大だ photo/Getty Images

その強烈なシルエットと鋭い眼光は誰しもが記憶していることだろう。かつて世界最高の審判員として名を馳せたピエルルイジ・コッリーナ氏が、自身の輝かしいキャリアを振り返っている。

イタリアのボローニャに生まれ、1977年より“ジャッジマン”への道を選択した同氏は、1999年から5年連続でFIFA最優秀審判員に選出されるなどし、各コンペティションにおける最も華やかな舞台を堪能してきた。そんな泣く子をも黙らせるコッリーナ氏が、地中海のマルタにて英週刊誌『The Economist』主催のビジネスカンファレンスに出席。世界最高と謳われた審判としてのキャリアを回想し、“忘れられない試合”についても語っている。地元メディア『TIMES OF MALTA』が伝えた。

「私は審判としてのキャリアを選んだことに大変満足している。世界の様々な場所へ旅することができたし、色んな人たちとも出会えたしね。これまでに私が笛を吹いてきた中でも、2002年の日韓W杯決勝(ドイツvsブラジル)は私の心に残り続けているし、絶対に消えない記憶だ。それに1999年のチャンピオンズリーグ決勝(マンチェスター・ユナイテッドvsバイエルン・ミュンヘン)もね。あのような決勝戦を他で見ることは稀だし、今後もないだろう」

日本での晴れ舞台と共に、CL史上稀に見る劇的な展開となった1999年のファイナルを挙げたコッリーナ氏はさらに続けた。

「バイエルンは90分まで1-0とリードしていたが、最後の2分34秒で全てが変わり、忘れられない試合になったね。スールシャールの逆転弾を見た観衆の反応は凄まじいものだったよ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ