岡崎、レスター苦戦の理由に「カンテです」と一言 インターセプト”156回”決める男の穴は埋まらず

中盤の構成が崩れる

中盤の構成が崩れる

昨季は岡崎の後ろにカンテが photo/Getty Images

昨季の奇跡のプレミアリーグ制覇から一転、今季のレスター・シティは残留争いをする位置にまで落ちてしまった。降格という可能性もゼロではなく、昨季とは違った緊張感がある。では、レスターは昨季からどう変わってしまったのか。

英『The Times』によると、日本代表FW岡崎慎司はフランス代表MFエンゴロ・カンテの退団が大きかったと考えている。カンテは中盤でタックル、インターセプトを繰り返し、尋常ではない範囲をカバーしていた。岡崎はチームが苦戦している理由について問われると、「カンテです」と返答。カンテを中心に構成されていた中盤の守備が崩れたことこそ苦戦の原因だと考えているようだ。

「カンテの退団は本当に大きかったですね。カンテ個人がというだけじゃなくて、彼が去ったことでチームも新たなシステムに適応する必要があったので。チームは土台を変えなければいけなかったですし、まだベストな戦い方を探しています」

英『Squawka』も昨季タックル125回、インターセプト156回を記録したカンテが抜けたのは大きすぎると伝えている。この数字は昨季どちらも欧州五大リーグでは最多の数字で、今レスターの守備がボロボロになっているのは当然のことなのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ