野次飛ばすファンに“愛情”をねだるジダン「選手は愛に飢えている、もちろん僕もね」

ラモスの2ゴールで勝利

ラモスの2ゴールで勝利

ようやく連敗を脱したレアル photo/Getty Images

マドリディスタの容赦ない口笛は続いている。21日にリーガエスパニョーラ第19節マラガ戦をホームで戦ったレアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、ファンからのブーイングについて言及している。

公式戦40戦無敗からの2連敗というまさかの展開となったレアルだったが、ようやくその小さなスランプから脱することに成功した。キャプテンのセルヒオ・ラモスが気合いの2ゴールを叩き込み、2-1で辛勝。スペイン紙『MARCA』はジダンによる喜びのコメントを伝えた。

「序盤から決定的なチャンスを迎えるなどし、最高のスタートを切ることができたが、それらをすべて得点にすることはなかったね。セットプレイ時にセルヒオがどんなことをしてくれるのか、我々は十分に知っている。今日は2ゴールを挙げたね。その活躍にはとても満足している」

さらに指揮官はファンからの容赦ない野次についてもコメントしている。

「チームが困難な状況にある時、ファンにはサポートを求めたいとも感じる。でも彼らを責めることなどない。チケット代を払っている彼らは厳しい要求をするものだ。ただ選手は愛に飢えているよ、もちろん私もね」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ