ブンデス再開初戦でフル出場のドルト香川、2017年は定位置確保へ「良い準備をしたい」 

なんとか白星スタートを切ったドルトムント

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは21日、ブンデスリーガ第17節でブレーメンとアウェイで対戦した。試合は、前後半に1点ずつを奪ったドルトムントが、2-1でブレーメンを撃破。リーグ再開初戦で勝利し、なんとか白星スタートを切った。

試合後、ブレーメン戦で開幕戦以来のフル出場を果たした香川が自身の公式ブログを更新。「2017年初戦」というタイトルで「ウィンターブレイク明けの初戦、勝利で終えることができました。また次へ良い準備をしたいと思います」と綴っている。

はたして、香川は定位置確保し、2017年を飛躍の年とすることができるのか。そして、ケガ人続出で前半戦は思うような結果が残せなかったドルトムントの順位を押し上げることができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ