香川は開幕戦以来のフル出場! ドルトムント、10人のブレーメンに辛勝し2017年白星スタート 

一時は同点に追いつかれるも……

一時は同点に追いつかれるも……

勝ち越し弾を喜ぶドルトムントメンバー photo/Getty Images

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは21日、再開されたブンデスリーガの第17節でブレーメンとアウェイで対戦した。

アフリカ選手権参加のため、エースストライカーであるピエール・オバメヤンを欠くドルトムントは今節、ワントップにアンドレ・シュールレを起用。香川も2試合連続のスタメン出場を果たすこととなった。

試合は、開始5分に早くも動く。ブレーメンDFがカットしたボールがGKとDFラインの間に溢れる。このボールをシュールレが拾うと、落ち着いてGKとの1対1を制してゴールへ流し込み、ドルトムントが先制に成功した。

39分、PA外に飛び出したGKヤロスラフ・ドロブニーがファウルを犯し、一発退場。ブレーメンは残りの時間を10人で戦うことを強いられることとなった。しかし、前半アディショナルタイムにクロスバー直撃のシュートを見せるなど、ブレーメンもホームの意地を見せる。

すると後半立ち上がりの59分、左サイドのスローインからクレメンス・フリッツが頭でボールを反らすと、受けたフィン・バルテルスがドリブルで裏へ抜け出しGKと1対1に。これを落ち着いて決め、数的不利のブレーメンがスコアをタイ戻す。

ただ70分、このままでは終われないドルトムントはウスマン・デンベレとラファエル・ゲレイロを同時に投入し、勝ち越しを試みる。すると直後の71分、デンベレのCKのこぼれ球をゲレイロが拾い、シュートを放つ。シュートは相手DFに当たってウカシュ・ピスチェクの元へ。これをピスチェクが右足で合わせてドルトムントが勝ち越しに成功した。

試合はこのまま終了し、2-1でアウェイのドルトムントが10人のブレーメンを相手に辛くも勝利を収めた。なお、香川は開幕戦以来、今季2度目のフル出場を果たしている。

[スターティングメンバー]
ブレーメン:ドロブニー、バウアー、サネ、モイサンデル、ガルシア、バルテルス、フリッツ(→カインツ 80)、デラニー、ニャブリ(→ヴェリコビッチ 27)、ピサーロ(→ヴィートヴァルト 42)、クルーゼ

ドルトムント:ヴァイデンフェラー、ピスチェク、パパスタソプーロス、ギンター、シュメルツァー(→ドゥルム 46)、カストロ(→ゲレイロ 70)、ヴァイグル、プリシッチ、香川、ロイス(→デンベレ 70)、シュールレ

[スコア]
ブレーメン 1-2 ドルトムント

[得点者]
ブレーメン:バルテルス(59)
ドルトムント:シュールレ(5)、ピスチェク(71)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ