「ヨシは上手くやってる!」 フォンテ退団も吉田とファン・ダイクがいればCB獲得の必要なし

サポーターは最終ラインより前線を心配

サポーターは最終ラインより前線を心配

フォンテと抱き合う吉田 photo/Getty Images

長年サウサンプトンを引っ張ってきたDFジョゼ・フォンテのウェストハム移籍が決まった。これで日本代表DF吉田麻也の出場機会が増えると予想されており、しばらくはフィルジル・ファン・ダイクとのコンビで戦うことになるだろう。問題は新たなセンターバックを獲得する必要があるかどうかだ。

地元紙『Daily Echo』によると、サポーターからは新たなセンターバックは不要との意見が多い。吉田、ファン・ダイクのコンビは一定の評価を得ているのだ。

サポーターからは「吉田、ファン・ダイク、ジャック・スティーブンス、恐らくフローリン・ガルドーシュもフィットする。もう1人センターバックが必要かは疑問だ」といった意見や、「ヨシは上手くやっている」と吉田のパフォーマンスを評価する声もある。

また、緊急時にはクコ・マルティナをセンターバックに回すことも可能といった意見もあり、フォンテが抜けてもセンターバックの補強は必要ないとの見方が大半だ。それ以上にサポーターはリーグ戦21試合で19得点と寂しすぎる攻撃陣の補強を望んでおり、最終ラインよりも前線を補強すべきと考えているようだ。

一時はフォンテの退団に備えてリヴァプールDFママドゥ・サコを狙うといった話題もあったが、吉田とファン・ダイクのコンビを軸に組み立てればそれほど大きな問題にはならないはず。吉田にとってはチャンスだが、ここでポジションをしっかり掴めるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ