コンサドーレのJ1昇格をインドメディアも特集「タイのメッシはアジアNo.1」「大雪の中でホットなニュース」

アジアの名手にも言及

アジアの名手にも言及

2017年は彼の躍進に注目だ photo/Getty Images

北海道コンサドーレ札幌のJリーグ1部昇格を意外な国のメディアが取り上げている。

42試合を戦い抜き、25勝10分7敗の勝ち点85。これは北国の戦士たちが昨季のJ2で達成した栄えある戦績だ。お世辞にもビッグクラブとは言えない彼らだが、清水エスパルスやセレッソ大阪といった難敵を押し退ける奮闘を見せると、新季からのJ1昇格が決定。この吉報は多くの熱心な道産子たちを喜ばせるものとなったに違いないが、よもやのインドメディア『INDIA LIVE TODAY』も彼らの健闘を取り上げた。

「日本の北部にある北海道は現在大雪に包まれている。しかし日本のフットボールクラブ、コンサドーレ札幌はホットなニュースで島全体を盛り上げた。というのも、彼らがJ1への昇格を達成したのだ」

さらに同メディアは、コンサドーレによるアジアの名手獲得についても言及している。

「同クラブのオフィシャルスポンサーである石屋製菓は仮契約した“タイのメッシ”ことチャナティップ・ソングラシンを白い恋人パークへ招待。彼はアジアではNo.1のプレイヤーだ」

記事の最後には日本人の風習である「福袋」や「新春セール」といった文化も紹介し、新年の装飾などを含め、“日本特有の独自文化”だと綴った同メディア。コンサドーレの一挙手一投足には、海を越えた遥か遠くからも熱視線が浴びせられているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ