チェルシー守護神クルトワ、レアル行き熱望の理由は「娘の進学」 スペインメディア報じる

スペイン復帰は実現するか?

スペイン復帰は実現するか?

かねてより退団が噂されるクルトワ photo/Getty Images

理由がいかなるものであったとしても、マドリディスタはティボー・クルトワの加入を歓迎するだろう。今やプレミアリーグ屈指の名手として名を馳せたベルギー代表GKが、“一身上の都合”によりレアル・マドリードへの移籍を望んでいる。

アトレティコ・マドリードでの修行期間を経て2014年よりイングランドのチェルシーへ復帰し、絶対的な守護神として君臨し続けるクルトワだが、これまでにも幾度となく白い巨人との関係を多くのメディアによって指摘されてきた。今回、スペイン『Cadena SER』が報じたところによると、クルトワはパートナーであるマルタ・ドミンゲスさんとの間に授かった愛娘の進学を理由にマドリードへの復帰を画策しており、これがベルギー代表GKのレアル移籍を加速させることに繋がるという。白い巨人の長、フロレンティーノ・ペレス氏は一時期、GKの補強としてマンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘア獲得に執着していたものの、現在はそのターゲットをクルトワへと切り替えたとされている。

仮にクルトワのレアル移籍が実現し、そのビッグディールの背景に娘の進学があったとすれば、彼女は多くのマドリディスタから熱烈な歓迎を受けることになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ