「いったいいつロベルト・カルロスになったんだ!?」 ”悪魔の左足”振りぬくチェルシーDFに絶賛の嵐

重要な攻撃パターンの1つに

重要な攻撃パターンの1つに

チェルシーでプレイするM・アロンソ photo/Getty Images

今季のチェルシーは3バックを採用してから驚異的な強さでリーグ首位に立っているが、そのチームで忘れてはならないのが左のウイングバックを務めるマルコス・アロンソだ。当初はエデン・アザールの守備負担を軽減する存在として注目を集めていたが、今では得点まで奪える貴重な存在になっている。

アロンソは14日のレスター・シティ戦でも2得点を決めており、ウイングバックの選手とは思えない得点力だ。右サイドからのクロスが流れ、それをアロンソが狙うパターンを見る機会も増えている。この攻撃的なパフォーマンスはサポーターからも絶賛されている。

英『Squawka』によると、チェルシーサポーターからは「アシュリー・コールを思い出させる」といった意見や、「いったいいつアロンソはロベルト・カルロスになったんだ?」など過去のレジェンドと比較するコメントが出ている。アシュリー・コールはチェルシーでもプレイした超攻撃型サイドバックであり、ロベルト・カルロスも悪魔の左足を持つ男として恐れられた選手だ。

アロンソはそんな2人と比較される存在になっており、指揮官アントニオ・コンテの採用した3バックに完璧にフィットしている選手の1人と言える。左サイドからペナルティエリア内まで入ってくるアロンソには相手チームも最大限の警戒をする必要があるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ