あのドリブルは”ネイマール級”の破壊力!? 中堅クラブで相手を抜きまくるFWをかつての仲間が称賛

テクニックレベルは同じ?

バルセロナでプレイするFWネイマールは、今や世界トップレベルのドリブラーだ。今季は得点ペースが落ちたと指摘されているものの、相変わらずドリブルで相手をかわすシーンは多い。『Whoscored』の紹介したデータでも、ネイマールはリーグ戦で1試合平均4・9回ものドリブルを成功させている。これは欧州五大リーグでは2番目に多い数字だ。

ただし、こうした特別なドリブラーがビッグクラブにしかいないわけではない。英『Squawka』によると、エヴァートンに所属するFWヤニック・ボラシエは自身が以前所属していたクリスタル・パレスでプレイしているFWウィルフリード・ザハもネイマール級の選手だと主張している。

ザハはかつてマンチェスター・ユナイテッドにも所属していた選手だが、大きなインパクトは残せなかった。現在所属しているクリスタル・パレスは中堅クラブではあるものの、ボラシエは「バルサでのネイマールと比較するのは難しいけど、ザハにはネイマールのような能力がある」と評価している。

データでもザハは今季リーグ戦で1試合平均4・2回のドリブルを成功させており、これは欧州で5番目に多い数字だ。2位のネイマールとは僅かに差がついているものの、ザハのドリブルも驚異的なレベルにあると言っていい。ちなみに、1位はミドルズブラのアダマ・トラオレで5・2回となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ