ゴン、カズに続いてベテランGK川口能活も来季の契約更新! 相模原でプロ24年目のシーズン突入

来季はベテランがJリーグを盛り上げる?

来季はベテランがJリーグを盛り上げる?

相模原との契約を更新した川口 photo/Getty Images

J3に所属するSC相模原は14日、元日本代表GK川口能活と2017シーズンの契約を更新したことを発表した。

現在41歳の川口は日本代表の一員として、これまで1998年のフランスW杯、2002年の日韓W杯、2006年のドイツW杯、2010年の南アフリカW杯と4大会連続出場を果たしている。一方、クラブでは1994年に横浜F・マリノスへ入団。翌年にプロデビューを果たしている。そして、2001年からはイングランドのポーツマスやデンマークのノアシェランへ移籍し、約3年半の間海外を舞台に戦った。日本復帰後はジュビロ磐田やFC岐阜でプレイ。2016年からは、戦いの場を相模原へ移していた。

ゴンこと中山雅史やキングカズこと三浦知良に続いて、ベテランGKである川口までもが所属クラブとの契約更新を果たし、プロ24年目のシーズンを迎える。来季はベテランがJリーグを盛り上げてくれるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ