「レアルでプレイしたいかって? もちろんだ」 ジダンへの愛を語る“覚醒した”天才アタッカー

ジダンを崇拝する

ジダンを崇拝する

多くの選手が彼に羨望の眼差しを向ける photo/Getty Images

正直者でなぜ悪い。今季よりスペインのセビージャでプレイするサミル・ナスリにとって、同胞のカリスマが指揮を執るレアル・マドリードはやはり特別な存在なのだろう。

体重過多を非難された時代も今は昔。スリムな体型へと変貌し、抜群のキレを見せるフランス人アタッカーは、超攻撃的サッカーを標榜するホルヘ・サンパオリの下でその才能を再び覚醒。正確なパスに強烈なシュート、そして高精度のドリブルによって“第2の春”を楽しむナスリが、白い巨人への憧れを隠すことなく明かしている。仏『Onze Mondial』が伝えた。

「僕がレアル・マドリードでプレイしたいかって? もちろんイエスだ。ジダンみたいに最高の現役生活を送った選手が名将になるなんて稀だよ。彼のキャリアは凄まじいものさ。最初に指揮した32試合で稼いだ勝ち点はペップやペジェグリーニ、それにモウリーニョを上回っている。チャンピオンズリーグも制覇したし、今季は無敗でリーガのトップだ。信じられないよ」

詳細なデータを引用することで、自身のアイドルがいかに優れているかを説明したナスリ。かつてのジュリオ・バチスタやセルヒオ・ラモス、そしてホセ・アントニオ・レジェスなど、セビージャを旅立ち、最終的に白いユニフォームを纏った選手も多い。果たしてナスリにはそのようなハッピーエンドが待っているだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ