レアルのダニーロ、大失態…… バルサ機関紙も「美しいヘディングによるオウンゴール」と皮肉(動画アリ)

熱戦を引き分けで凌いだレアル

熱戦を引き分けで凌いだレアル

散々な出来に終わってしまったダニーロ photo/Getty Images

その迷いなきダイビングヘッドには、セルヒオ・ラモスならびにキコ・カシージャも度肝を抜かれたことだろう。12日の国王杯5回戦セビージャ戦で見せたレアル・マドリードのダニーロによる豪快なオウンゴールが非難の的となっている。

もちろん彼に悪気などあるはずも無いが、このブラジル人プレイヤーがFCポルトという世界的な名門においていかに有能なキープレイヤーであったかを思い出すには、次第に困難となりつつあるのが現状だ。ダニエル・カルバハルの代役として右サイドバックで先発出場を果たしたダニーロは、前半10分にいきなり印象的な出来事における主役となった。セビージャ側の右サイドから上げられたクロスの処理を誤り、あろうことか自陣のゴールネットへ強烈なヘディングシュートをお見舞い。オウンゴール後にラモスはダニーロへ手を差し伸べ、キャプテンとして最低限の振る舞いを見せたが、その表情は明らかに曇っていた。

もちろんバルセロナの機関紙である『SPORT』が、そんなマドリードの失態を見逃すことなどあり得ない。同紙は3-3という激戦となったこの一戦を総括し、マルセロやマルコ・アセンシオといった選手には高評価を与えたものの、オウンゴールをもたらしたダニーロには「美しいヘディングによるオウンゴール」と綴り、5点の低評価。しかし、気になるのはこの日先発出場を飾っていたアルバロ・モラタにはブラジル人DFをも下回る4点が付けられ、「悲惨な仕事ぶり。ピッチ上で存在感はなかった」と酷評されていることだ。

何はともあれジネディーヌ・ジダン率いる常勝軍団はその無敗記録を40戦とし、相変わらずの底力を見せつけている。



参照元:youtube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ