衝撃のFIFAベストゴールをキッカー本人が振り返る「信じてもらえるか分からないけど……」(動画アリ)

一躍注目の的へ

一躍注目の的へ

素晴らしい得点を挙げたサブリ photo/Getty Images

2016年度のベストゴーラーはやや控え目な論調だ。先日、FIFAプスカシュ・アウォードを受賞したペナンFC所属のモフド・ファイズ・サブリが、自身の“アンビリーバブルな得点”を振り返っている。

バルセロナのリオネル・メッシやネイマールといった名手らによるスーパーゴールがノミネートされる中、この栄えあるトロフィーを勝ち取ったのは華奢な体型のマレーシア代表アタッカーだ。“自分ならネイマールへ投票する”と語ったこの謙虚なキック職人は、世界中へと知れ渡った衝撃のブレ球ゴールについて、「少しラッキーだった」と自身の見解を示している。英『THE Sun』がサブリのコメントを伝えた。

「信じてもらえるかは分からないけど、僕はあの時いつもと同じようにボールを蹴った。まぁ少しラッキーとは思ったけどね。シュートは奇妙な軌道を描いたんだ。とてもワンダフルなゴールになったね」

しかしながら、彼は現在複雑な心境下にあるという。

「色んな想いがかけめぐっている。このような素晴らしい賞を貰うことができて今は本当に幸せだし、誇りだよ。でも、一方で僕の仕事に悪影響が生じてほしくないんだ。今僕はフットボールに専念し、ハードにトレーニングして日々の試合を闘わなければならないからね」

2016年、世界で最も美しいゴールを奪った男は誰よりも謙虚でストイックなハートを持っていたようだ。



参照元:youtube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ