左ウイングバックも何のその チェルシーMFペドロが新たなポジションへの挑戦を歓迎

「取り組むべきことはいつも一緒」

8日にイングランド・FAカップ3回戦が行われ、チェルシーがピーターバラ・ユナイテッドに4‐1で勝利し、4回戦進出を決めた。

同クラブFWペドロ・ロドリゲスはクラブ公式ホームページのコメントで、普段とは異なるポジションでプレイした同試合での自身2得点に、充実感を口にしている。

「良い勝利になったね。チームワークも良かったし、この結果は嬉しいよ。ピーターバラは良いチームだった。イングランドではどの試合も厳しいものになる。相手のディヴィジョンは関係ないよ。今日は左ウイングバックという新しいポジションでプレイしたけれど、取り組むべきことは一緒。2得点という結果を残せて良かったよ」

直近の公式戦4試合で4得点と、好調を維持しているペドロ。今後はMFウィリアンとの熾烈なレギュラー争いが予想されるが、こうしたチーム内の競争の激しさが、同クラブ躍進の原動力になっているのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ