[移籍]天才レフティ家長、大宮から川崎へ完全移籍! 「伝統あるフロンターレの一員になれてうれしい」

川崎を悲願のタイトル獲得へ導くことができるのか

川崎を悲願のタイトル獲得へ導くことができるのか

来季、川崎でプレイすることとなった家長 photo/Getty Images

川崎フロンターレは5日、大宮アルディージャMF家長昭博が完全移籍で加入することを発表した。

現在30歳の家長は、ガンバ大阪の下部組織出身で日本代表の各年代でプレイ。高校3年生であった2004年にトップチームデビューを果たしている。その後、海外挑戦などを経て2014年に大宮へ加入。同クラブでは、3シーズンで公式戦通算107試合に出場し、29ゴールを挙げる活躍を見せている。

そんな家長はクラブの公式サイトを通じて「伝統ある川崎フロンターレの一員になることができ、心からうれしく光栄に思います。等々力のピッチでサポーターの皆様と共に闘えることを楽しみにしています。応援の程、何卒よろしくお願いします」とコメントした。

大久保嘉人が退団し、エースストライカーを失った川崎。MFながら2季連続2桁得点を記録している家長は、彼の抜けた穴を埋めることができるのか。そして、チームを悲願のタイトル獲得へ導くことができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ