去就質問にイラつくグリーズマン「ロナウドやメッシ、ベイルと同じように接してくれ」

クラブへ忠誠を誓う

クラブへ忠誠を誓う

急成長を遂げたグリーズマン photo/Getty Images

アトレティコ・マドリードでプレイするフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがメディアによる憶測に辟易している。

昨年はチャンピオンズリーグと母国開催のユーロ2016において共に決勝進出を果たすなど、選手として大きな飛躍を遂げたグリーズマン。いまやバルセロナのリオネル・メッシやレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドらに次ぐ“第三の存在”として注目を集めるこの優秀なアタッカーが、自身の去就に関する質問を繰り返すメディアを牽制した。スペイン紙『as』が伝えている。

「僕はここアトレティコでプレイできてとても幸せだし、誇りに感じている。これからもこのチームに恩返しをし続けていきたい」

「僕はこのような去就に関する質問が好きじゃない。クリスティアーノやメッシ、ベイルには来年どこでプレイしてるかをここまでしつこく聞かないはずだ。僕にも同じように接して欲しいね。もうこれ以上去就について聞かないでくれ。アトレティコで楽しいし、幸せなんだよ」

マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、そしてチェルシーといったプレミアリーグのメガクラブが彼の獲得を狙っているとされるも、本人は残留を明言。サポーターにとってはひと安心のコメントとなったにちがいない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ