ユーヴェへの移籍が消滅 ベルギー代表MFヴィツェル、爆買いの標的となり中国リーグ参戦へ

ゼニトと天津権健がクラブ間合意

ゼニトと天津権健がクラブ間合意

中国リーグ参戦が決定的となったヴィツェル photo/Getty Images

ゼニトは3日、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが天津権健へ移籍することでクラブ間合意に至ったと発表した。

現在27歳のヴィツェルは、ベルギー代表の各年代でプレイ。同国代表の一員として、昨夏に開催されたEURO2016へ参加していた。一方、クラブでは日本代表GK川島永嗣も所属したスタンダール・リージュの下部組織出身で、2006年9月にトップチームデビュー。その後、ベンフィカを経て2012年9月にゼニトへ加入していた。

そして、夏の移籍市場でイタリアの絶対王者ユヴェントスへの移籍が目前と噂されたが、交渉が難航して実現せず。今冬、再びユヴェントスが獲得に動くと思われたが、元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロが指揮官を務めている中国の天津権健への移籍が決定的となった。

元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスやブラジル代表MFオスカルなどに続き、ヴィツェルも爆買いの標的となり、中国への移籍を決断した。もしかすると、今冬の移籍市場で中国へ移籍する欧州の一流プレイヤーは、まだまだ出てくるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ