もはや”ケンカ”だったコスタVSラモス&ペペ それでもコスタは「互いにリスペクトしていた」

激しすぎるようにも見えたが……

激しすぎるようにも見えたが……

アトレティコ時代振り返るコスタ photo/Getty Images

現在チェルシーで絶好調のFWジエゴ・コスタには、これまでの行動から暴れん坊とのイメージがある。最近は落ち着いているが、昨季やアトレティコ・マドリードでプレイしていた頃には常に相手DFと睨み合っていた。

特に、レアル・マドリードとのダービーマッチでセルヒオ・ラモスとぺぺとやり合っていた時は非常に激しかった。英『METRO』によると、コスタもラモスやぺぺとの戦いが激しいものだったと認めている。しかし、コスタは彼らのことをリスペクトしていたと語り、争いがある中でも良い関係を築けていたことをアピールしている。

「レアル・マドリードと対戦するのを楽しんでいたよ。ラモスとぺぺとマッチアップするんだからね。常にアメイジングな挑戦だったよ。それがタフで激しいものになることは分かっていたけど、重要なのは互いにリスペクトしていたことだよ。ハードなチャレンジがあったとしてもね」

ラモス&ぺぺVSコスタのバトルは激しすぎるところもあり、喧嘩のように見えることもあった。空中戦で競り合うだけでも毎回緊張が走っていたが、そんな中でも互いのことをリスペクトしていたようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ