絶対王者ユーヴェがスーパー杯を逃す ミランに今季2度目の敗戦も主将「引きずる必要はない」

望んでいた結果で2016年を終えることができなかった

望んでいた結果で2016年を終えることができなかった

インタビューに応じたブッフォン photo/Getty Images

23日にイタリア・スーパーカップ(スーペルコッパ・イタリア)が行われ、絶対王者ユヴェントスと日本代表FW本田圭佑が所属するACミランが対戦した。試合は、1-1でPK戦までもつれ込む激戦。そのPK戦をミランが4-3で制し、2011年以来5年ぶりのタイトルを獲得している。

そんな中、この試合に惜しくも敗れたユヴェントスの主将ジャンルイジ・ブッフォンが、試合後にクラブの公式チャンネル『JTV』のインタビューで次のように語った。

「ミランはたくさんの努力の結果、非常に素晴らしいプレイを披露していた。試合に勝てなかったことはとても残念だけど、後悔し続けるのは間違っている。引きずる必要はないと思うよ。チャンスは多々あったけど、僕たちが望んでいた結果で2016年を終えることができなかった。ただ、これがゲームの本質なんだ」

スーパーカップを逃し、ミランに今季2度目の敗戦を喫してしまったユヴェントス。リーグ戦では今季も首位をひた走るが、ウィンターブレイク後も彼らの独走状態は続くのだろうか。はたまた、スーパー杯を制したミランなどが追い上げを見せるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ