サンタクロースは12人目のプレイヤー!? チアゴも勘違いしたパスミスが話題に(動画アリ)

アニメーション広告に困惑?

アニメーション広告に困惑?

得点だけでなく人々の印象に残るプレイを見せたチアゴ photo/Getty Images

バイエルン・ミュンヘンは、ブンデスリーガ第16節でRBライプツィヒに3-0で勝利し首位決戦を制した。バイエルンMFチアゴ・アルカンタラはこの試合でゴールを決め、チームの勝利に貢献したが、とあるハプニングにも遭遇した。ドイツだけでなく英メディアなどでも話題になっている。

チアゴ・アルカンタラは試合中、ピッチの中央でボールを受けると左サイドを駆け上がってきた赤い人影に向かってパスを送り込んだ。だがその赤い人影は、ピッチサイドにあった電子看板のアニメーション広告に映し出されたサンタクロースだったのだ。名プレイメーカーとして知られるチアゴ・アルカンタラでも、バイエルンと同じユニフォームカラーの赤い人影に惑わされ、迷シーンを生み出してしまった。英『Daily Mail』などが伝えている。

ボールは結局、高い位置をとっていた味方DFが下がって拾いきり、ラインを割らずにボールをキープした。過去にもイングランドで同様の事件が起こっており、ピーターバラ・ユナイテッド(イングランド3部)のマイケル・ボストウィックが、ノーザンプトン・タウンとのアウェイゲームで、同チームのユニフォームと同じ蛍光イエローのジャケットを羽織ってピッチサイドを歩いていた警備スタッフに向かってパスを出していてしまうミスが起こっていた。



参照元:Twitter、Youtube

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ