レアル主将の退場を取り止めた主審、試合前自信をみせていた!? 「ビッグネームへのプレッシャーは全くない」

世界屈指のDFを退場させることに臆したのか!?

世界屈指のDFを退場させることに臆したのか!?

判定をめぐって、主審に詰め寄る鹿島メンバー photo/Getty Images

18日にFIFAクラブW杯の決勝が行われ、欧州王者のレアル・マドリードとJリーグ王者の鹿島アントラーズが対戦した。

試合は、柴崎岳の2ゴールで世界最高のクラブであるレアルをあと1歩まで追い詰めた鹿島。しかし、先日バロンドールを獲得したクリスティアーノ・ロナウドにハットトリックを決められ、120分間の激闘の末に2-4でレアルに惜しくも敗れている。

そんな中、この試合で一際注目を集めたのがザンビア人のジャニー・シカズウェ主審。『TIMES OF ZAMBIA』によると、試合前のインタビューで「ロナウドやラモスなど、多くのビッグネームが揃う試合で笛を吹くことに対してプレッシャーはないのか」という質問に「私はこの試合を裁くことにプレッシャーを全く感じていない。100%の力を出してみせるよ」と語っていた。

しかし、いざ蓋をあけてみるとどうだろうか。後半終了間際に、金崎夢生へファウル覚悟で止めに行ったレアル主将セルヒオ・ラモスに対して、主審は胸ポケットへ手をかけ、この日2枚目となるイエローカードを提示しかけた。しかし、この重要な試合で世界屈指のDFを退場させることに臆したのか、それともただ単に心境の変化で取りやめたのか、そのままプレイを続行させたのだ。

この前代未聞のイエローカードキャンセルに関して、世界中で波紋を呼んでいるが、真相は本人にしかわからない。今後、シカズウェ主審はこの件に関してコメントを発表するのだろうか。注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ